全国建築審査会協議会

会員専用メニュー
お知らせ等

審査請求事例

国関係

Q&A等

全国建築審査会協議会概要

目的 全国特定行政庁の建築審査会相互の連絡をとり、建築行政の適正な運営を図ることを目的とする。
名称 本会は、全国建築審査会協議会と称する。
所在地 〒163-8001
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都庁第二本庁舎 3階南側
事業内容 全国会議及び地域別会議を開催し、建築行政に関する重要事項を審議する。
会員 本会の会員は、全国特定行政庁の建築審査会をもって会員とする。

会長挨拶

 日頃より、全国建築審査会協議会の活動に多大なご理解とご支援をいただき、厚く御礼申し上げます。前安田会長より会長職を引き継ぐことになりました東京都建築審査会会長の佐々木でございます。何卒よろしくお願いいたします。

 当協議会は、全国の建築審査会が相互に連携し、建築行政の適正な運営を図ることを目的として、昭和39年に設立されました。 近年の活動状況としては、平成27年3月に会長会議60周年記念誌「10年のあゆみ」を発行し、平成29年3月には「審査請求に係る建築審査会運営マニュアル改訂版(会員用)」を発刊いたしました。

 さて、昨今の建築行政を取り巻く環境は大きく変化し、都市の持続的な発展を実現するため建築審査会と建築行政の連携がますます重要性を増してきています。一方、当協議会の歴史を継承しつつ、安定的かつ持続的な運営をしていくためには、事務局運営の簡素化などを進めて、会員である全国の建築審査会の円滑な運営に資するための活動の充実を図ることが必要とされており、数年来、当協議会の安定的運営に向けた具体的な検討が重ねられてきました。

 昨年岐阜県で開催された第65回全国建築審査会長会議では、当協議会の事務局は会長の所属する建築審査会が置かれている特定行政庁が担うことを前提とし、今後の会長の選出方法として、全国7ブロックの輪番制とすることがルール化されました。これに基づき、本年4月からの運営は、1回目として関東第二ブロックから東京都が選出、決定されました。今後は、この輪番制に基づく円滑な運営が出来るよう、運営全般にわたり合理化を図るとともに、輪番制を確立し、当協議会の発展、ひいては全国の建築審査会の円滑な運営により一層お役に立てるよう支援していくことが何より重要と考えております。もとより今後も運営のあり方や事業の見直しに当たっては、会員の皆様のご理解とご協力が不可欠であります。今期役員の皆様とともに、そして事務局を担う東京都ともども全力で当たりたいと考えておりますので、会員の皆様方のお力添えを賜りますようお願いいたします。


平成31年4月吉日
全国建築審査会協議会  会長 佐々木 宏


案内図

全国建築審査会協議会事務局
〒163-8001
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
東京都庁第二本庁舎 3階南側
(東京都都市整備局市街地建築部調整課審査担当内)
TEL 03-5388-3334
FAX 03-5388-1356

地図



ページトップに戻る
 
  (c) Japan Conference of Architectural Examination